三好東曜 みよしとうよう 笑顔と対話でつながろう!夢を描ける町づくり

政治活動をはじめたきっかけ

政治団体設立の経緯をここに記したい。

あの原発事故以降、僕は神奈川県三浦郡葉山町から故郷の香川県に急遽戻ってきた。
当時11ヶ月の娘がいたのと、事故以前から脱原発、エネルギーシフトを訴えて活動していたから
放射能は科学的にもどういうものか良く知っていた上での判断だ。

 その後の政府の対応には目と耳を疑い、度肝を抜かれ、
現地にいる友人、知人、未来の子ども達、故郷を追われた人達の事を思うと涙が流れた。
ふざけるんじゃねぇって。
今、自分に何が出来るかを考え、僕は被災者、放射能避難者を受け入れるための地盤作りを始めた。

J-Waveのパーソナリティの丹羽順子ちゃんが始めた「福島のこども達香川へおいでプロジェクト」のスタッフをした。
(彼女自身も放射能避難民)。
同時に地元で空家を探した。
(現在までに3軒の空家を借りる事が出来、3組が引越してきた。空家は羽床地区だけでも50件以上ある)
妻の同級生、福島第34代相馬藩の殿様、相馬篤胤さんからの相談で香川に「リトル相馬」を作る手伝いもした。
(後に広島で場所が見つかった。引き続き香川でも探している。)
脱原発デモ、「さよなら原発一千万人お祭りウォーク」を3度主催した。
(今も毎週金曜日には四電本社前で仲間達が集まって脱原発を訴えている)
「復興カフェ」の香川主催者を務め、レインボーフラッグを釜石に届けた。
まんのう太鼓のお誘いで女川潮騒太鼓と共演もさせてもらった。

平行して、自らの生活を化石燃料依存から自立共生へのシフトを試みている。

放射能汚染による食料危機 を予想してUターンしたその年から米作りを始め、無農薬無化学肥料にこだわり、2反の田を耕した。
2俵 半、4俵半、12俵と年を追うごとに収量はあがってきている。今年で4度目のチャレンジ。
パーマカルチャー を学び、畑でレイズドベッドを作っている。
「トランジションタウンさぬき」を立ち上げ、香川の環境ネットワークの構築を始めた。
その中から仲間のヤーミン、志保ちゃん一家が小豆島に引越、「トランジションこまめ」を立ち上げたのを機に「トランジションタウンズさぬき」に団体名を変更し、2013年4月に「トランジションタウン綾川」を立ち上げた。
綾川マルシェ、UAコンサート、自然農、ロケットストーブ、土壁ぬり、炭素循環農法等、様々なワークショップの開催。
ギニアから太鼓の師匠、サイオンカマラ先生、ダンサーのサランコンデを招待し、玉藻城飛雲閣でコンサート、ギニアの祭り太鼓で踊り狂った。
大叔父が経営していた鋳型工場跡を「月麻太陽自然道」と名前をつけて、私設の公民館、イベント会場、スタジオとして解放している。
倉庫は秋山陣さんに廃材建築で作ってもらった。
毎週土曜日はアフリカンダンスサークル、第2、第4金曜日はジェンベの教室をやっている。

同時に自宅の離れを改装してライフライン自給自立のオフグリッドハウスを製作中。
ナチュラルビルダーの善郎ベンジャミンさん、ケイタさん、土の博士カイルさん、アートユニット生意気、同級生の馬場啓太君がリフォームをしてくれている。
ここが4月からは「こどもえんあさの実」になり、中讃では最初の自然保育所となってスタートする。

とにかく僕は必死で動いてきた。時間が無いという焦りが常につきまとう。流れを変えたい。

放射能もやばいが、それ以上に生物の絶滅のスピードが半端ない。
森林破壊のスピードも半端ない。
水の汚染も半端ない。
消費社会と銘打った現代資本主義はもの凄い早さで自然を食尽して、大量のゴミを生み出している。
消費社会はネーミングが悪い。
田舎に来てみると衣食住、手作りで創造する事の方がよっぽど多い。
これからは創造社会と銘うちたい。

1パーセントと99パーセントの問題が明らかになり、世界の支配構造も広く民衆が理解する事となり、世界中で10万人規模の大デモが行われ、世界は揺れている。

明らかに時代の転換期、動乱の時。間に合うかどうかわからないが自分で出来る最大限の事をしようと思い、活動している。

ネイティブアメリカン、ホピ族は7世代先の事を考えて行動するという。
僕たちは5年後の未来さえ見えない。
これは経営の世界では常識だ。
これでは電球に吸い寄せられる夏の夜の蛾やカナブンみたいじゃないか。

経済はもの凄いスピードで回転し、もはやブレーキが壊れてしまったのだろうか?

止まれなくて走り続けないといけないのなら、舵取り役が重要になる。
つまりは政治家だ。政治に背を向けてはいけない。
政治に手を伸ばそう。

20・30代の若者はうちの町では10数パーセントの投票率。
若者の有権者が4600人いて600票が当選ライン。
意識を合わせたら自分たちの仲間を議会に4、5人送り出すのだって訳が無い。
市、町議会議員に立候補すると全国平均で1.21人に一人が当選する。

環境問題待ったなし。
日本の月の輪グマはもう種を保存するには個体数が足りなくて近い将来、絶滅するそうだ。
外熊を連れて来るのだろうか?
原因は山の荒廃と植林による深刻な食料不足。
ガリガリにやせ細った彼らは人里に降りると撃ち殺される。

Think Globally , Act Locally

地域自給をもう一度考え直さないとオイルショックで物流が止まると深刻な食糧難になる。
これはソ連崩壊後のキューバが体験している。

イギリスでは4日で食料が底をつきるシュミレーションがある。
しかし、人間凄いもんだ。
キューバはありとあらゆる土地を農地に解放し、永続的農のデザイン、パーマカルチャーという文化を輸入し乗り越えた。
みんな農民に戻った訳だ。
人口220万の首都ハバナでの食料自給率は100パーセントに達した。
なんだ都会でもできるんじゃないか。

物質的に乗り越えられる事はわかったけれど、心の悲鳴はどうしたらいいんだろう?
年間自殺者3万人って凄い数。
綾川町民全員の数より多いってことだよね。
毎年一つの町が無くなっているのか。

世代間の分断って意図的にされたって最近聞いた。
おじいちゃんとお父さんと子ども。
価値観が違いすぎていつも喧嘩になっちゃう。ひどい場合は無視。
これじゃ、智慧や文化が受け継げないじゃないか。
何百年、何千年も渡してきたバトンはもう渡すのを止めてしまうのか?
足元から見直したい。

あるもんで。身の回り、地域にあるもんでなんとか出来るんでないかい?
粗大ゴミの殆どはまだ使えるものばかり。リサイクルを進めよう。

グローバリゼーションって国際化と混同されるけど、実際は多国籍企業による市場の独占。
日本全国どこへ行っても同じお店ばっかりでつまらない。
地元の商店街はどこも閑古鳥が鳴いている。
こうして地方のお金は中央に吸い上げられていく。
そのお金で戦争ビジネスは成り立っている。
ワーキングプアーもここから出てくる膿みのようなもの。
こんなにみんな必死で働いて日本の借金800兆円っておかしくない?
働きすぎて死んでしまう人もいるのに。
これじゃ奴隷みたい。

得意な事を持ち寄って、助け合えればいいじゃない。
与えあえれば、心はウキウキ明るくって温かくなるよ。

Get up, Stand up ,
Stand up for your right.
Get up , Stand up ,
Don't give up the fight.

ってボブマーリーは歌っているけど、これは自分自身との戦いだよね。
今こそ立ち上がろう若者たちよ。
智慧出し合って、手をとりあって得意な事を持ち寄ってさ。
なんか好い事やってみようよ。

そう  私たちが目指しているのは
農    自然と共に歩む暮らし
もう  水汚すのは嫌だ
どういっても変わらぬ現状

今日  なにするかの連続が
未来を本当に変えていく

行動  やること成す事が
未来を本当に変えていく

言動  プラスな言葉達
未来を本当に変えていく

創造  ポジティブシンキング
未来を本当に変えていく

感動  ワクワクする事が
未来を本当に変えていく

なんだかんだ言っても繋がってる絆
今のタイミングで取り戻そうよ。
昔の仲間で集まってさ
なんか好い事やってみようよ。

なんだかんだ言っても繋がってる絆
今のタイミングで取り戻そうよ。
家族と親戚集まってさ
なんか好い事やってみようよ。

なんだかんだ言っても繋がってる絆
今のタイミングで取り戻そうよ。
氣の合う仲間と集まってさ
なんか好い事やってみようよ。

Copyrightc2014 TOYO Miyoshi&Ayagawa Unite All Rights Reserved.